サンフランシスコで進む「アンチ・スターバックス」なぜいま地元コーヒーチェーンが愛されるのか

サンフランシスコで進む「アンチ・スターバックス」なぜいま地元コーヒーチェーンが愛されるのか

サンフランシスコでは今、「アンチ・スターバックス」とでも呼ぶ
ような動きが起きている。地元コーヒーチェーンの勃発だ。

 この地元コーヒーチェーンは、ちょうど地元ビール店のような
流行り方で、何と言っても地元住民のサポートの強さが特徴である。
早朝や午後のコーヒーの時間には、外まで行列ができるほどである。

 サンフランシスコの地元コーヒーチェーンはいくつかある。

 たとえば、ブルーボトル・コーヒーという店は、コーヒーを1杯
ずつドリップしてくれることで有名だ。ずらっと並べたカップに
ポタポタと香り高いコーヒーが落ちていくさまは、美しいほどである。
そのコーヒーはすべて、豆の焙煎後48時間以内に入れられ、「風味が
最高のポイントにある間」に飲ませてくれるのである。
このコーヒーチェーンはサンフランシスコの対岸の町、オークランド
から始まって、今やニューヨークにも出店するほどの人気になっている。

 また、リチュアル・ロースターズというチェーンは、2005年に
サンフランシスコで創設され、現在市内に数店舗を構えている。
出店する場所がこれまたユニークで、園芸店の中とか、露店の
キオスクとか、ともかくカジュアルなのである。味は最高だが、
店構えにはお金をかけません、という姿勢が伝わってくる。
これ、とても現代的ではないだろうか。

 もうひとつ、フォーバレル・コーヒーも人気だ。
こちらはまだチェーンではなく、サンフランシスコのヒップな地域で
あるミッションに店が1軒あるだけだが、すでに住民からの信頼は高い。

 この他にも、小さな店だがいいコーヒーを入れて、多くのファンを
抱えているところがいくつもある。サンフランシスコの人々は、
スターバックスの手慣れたコーヒーを飲むよりは、こちらの方の
コーヒーを手にしたいと思うのである。

Diamond online続き

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

基本ドリップコーヒー(ブラック)しか飲まないのだが、
最近ちょっとスタバのコーヒーの味が落ちてると思うのは
おれだけ!?

落としたてはウマいのだけどね・・・・

ブルーボトル・コーヒーのコーヒー1杯ごとに
ドリップしてくれるのはかなり魅力的だな。
LOVE STARBUCKS COFFEE

LOVE TULLY'S COFFEE

blogram投票ボタン
人気ブログランキング【ブログの殿堂】starbucksにほんブログ村 グルメブログ コーヒーへstarbucks スタバ スターバックス
posted by Starbucks or スターバックス! | Comment(0) | TrackBack(0) | Tokyo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。