インド進出するスタバを待つ落とし穴

インド進出するスタバを待つ落とし穴
[2012.2.15号掲載]

スニット・アローラ

 米コーヒーチェーン大手スターバックスがインドから
コーヒー豆の調達を始めて約10年。
そのスターバックスが先ごろ、インドへの進出を決めた。
インドのタタ財閥傘下の飲料会社と提携し、今後8カ月で
都市部に50店舗をオープンするという。

 しかしスターバックスの行く手には、複数の障害が待ち
受けている。インドのカフェ市場は拡大中で、競争は激しい。
全国のカフェは約1500店に達し、年率30%で増加中だ。
後発のスターバックスはインド市場に食い込めるのか。

あくまでもコーヒーは添え物
 そもそもインドでコーヒー文化を普及させられるのか、
という問題もある。過去10年でコーヒー消費量は2倍に
なったが、基本的にインド人は紅茶好きだ。

 ではカフェが繁盛しているのはなぜか。
エアコンの効いた涼しい空間と軽食、無料インターネット接続に
多くの人が引き寄せられているというのが実情だ。

 富裕層はスターバックスのブランド力に引き付けられるだろう。
しかし、あくまでもコーヒーは添え物。スターバックスはインド
のこうした事情に合わせた戦略を練る必要がある。

 当面は同社自慢のコーヒーのおいしさを分かって
もらえなくても、仕方ないかもしれない。

gooニュース参照
LOVE STARBUCKS COFFEE

LOVE TULLY'S COFFEE

blogram投票ボタン
人気ブログランキング【ブログの殿堂】starbucksにほんブログ村 グルメブログ コーヒーへstarbucks スタバ スターバックス
posted by Starbucks or スターバックス! | Comment(0) | TrackBack(0) | スタバニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258926068

この記事へのトラックバック
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー